Journal of the Ceramic Society of Japan学生優秀論文賞

D3の近藤君が、Journal of the Ceramic Society of Japanの2019年学生優秀論文賞を受賞しました。おめでとうございます。(→発表・論文

受賞論文:Theoretical Estimation of the Linear Electro-optic Effect in Compressively Strained c-domain (Ba, Sr)TiO3 Thin Films using a Phenomenological Thermodynamic Model, S. Kondo, T. Yamada, A. Tagantsev, N. Setter, M. Yoshino, and T. Nagasaki, J. Ceram. Soc. Jpn., 127, 348-352 (2019).

博士学位論文公聴会:近藤真矢氏

2/18に近藤真矢さんの博士学位論文公聴会が開かれました。

日時:令和2年(2020年)2月18日(火)15:00~16:30
場所:工学部6号館1階会議室(127号室)
論文題目:強誘電体エピタキシャル薄膜の成長とその電気光学特性に関する研究

(追記)3/25に学位記が授与されました。おめでとうございます。

チェコ科学アカデミー

1/13-2/14にかけて、D1岡本君がチェコ科学アカデミー物理学研究所(Institute of Physics, Czech Academy of Sciences)で強誘電体ドメインのシミュレーション研究を行いました。

忘年会

12/27に長崎研の忘年会を行いました。良いお年をお迎え下さい。

第39回電子材料研究討論会

11/28-29にかけて名古屋市で行われた第39回電子材料研究討論会にて、D3の近藤君が強誘電体薄膜の電気光学効果について、M2の太田君が強誘電体膜の新規ドメイン構造について、M1の井口君が強誘電体/常誘電体人工超格子膜の電場応答について、M1の杉山君がPr添加BaZrO3の発光特性について発表を行いました。(→発表・論文

(追記)井口君が奨励賞を受賞しました。おめでとうございます。

Sens. Mater.

圧電体ナノロッドアレイを用いたナノ振動発電素子(ナノジェネレータ)の理論解析を行ったD3宋さんの論文がSens. Mater.に掲載されました。おめでとうございます。(→発表・論文

ICAE2019


11/5〜11/8にかけて韓国Jejuで行われたICAE2019で、M2の太田君が強誘電体PST膜のドメイン構造について発表しました。(→発表・論文

PacRim13

10/27〜11/1にかけて沖縄で行われたPacRim13で、D3の近藤君が強誘電体PZT膜のEO効果のAC電界依存性について、D1の岡本君が`PZTナノロッドの圧電特性のサイズ依存性について発表しました。(→発表・論文